すっきりフルーツ青汁 乳酸菌

善玉菌の代表 乳酸菌の効果とは?

 

腸管の免疫力をアップする

 

100兆個いるといわれる腸内の細菌のうち、特に、乳酸菌は腸が担っている腸管免疫という機能に深く関わっています。

 

というのも、白血球の仲間のナチュラルキラー細胞は、ウイルスやがんなどをやっつけてくれる大切な防御の働きをしています。

 

腸の壁面の一部、バイエル板が乳酸菌を取り込むと、このナチュラルキラー細胞などを増やすことができ、結果として体の免疫機能を高めることになるのです。

 

免疫力が高まれば、かぜにかかりにくくなり、がん予防も期待できます。

 

すっきりフルーツ青汁

 

 

 

便秘の予防にも効果

 

すっきりフルーツ青汁

また、乳酸菌が出す乳酸によって腸の嬬動運動(注)は活発になり、便通がよくなります。

 

(注)消化管において、内容物の移動のため、腸が虫のように動くこと。

 

便秘は体にとって不要なものが留まっているということです。

 

消化吸収され、残ったかす(便)は約24時間後に排出されていれば問題はないですが、長く体内に留まっていると大腸がんになりやすいのです。

 

また便が異常発酵するとアンモニアが発生し、それを血液が吸収すると体臭にも結び付きます。

 

従って、乳酸菌をとることのより、便秘改善効果のほか、体臭防止効果もあるのです。

乳酸菌の効果的な摂取法は?

 

乳酸菌は毎日コツコツ摂りましょう。

 

乳酸菌はヨーグルトや発酵食品などに多く含まれています。

 

こうした食品に含まれる乳酸菌を積極的に摂ることで、腸内の菌を増やすことができます。

 

しかし体の外から摂った菌は体内に定着せず、一日経つと排出されます。

 

だから乳酸菌は毎日摂ることが大切なのです。

 

なるべく菌の数が多いものを摂ると効果的です。

 

乳酸菌や、善玉菌の一つのビフィズス菌は加齢で減少するため、意識して摂るようにするといいでしょう。

 

また、私たちの腸には宿主特異性といって、もともとその人の腸にすみ着いている乳酸菌がいます。

 

その菌そのものを増やすために、餌となるオリゴ糖を摂るのもよい方法です。

 

 

すっきりフルーツ青汁の乳酸菌は?

 

似顔絵

 

 

 

生きた乳酸菌

ところで、青汁には植物繊維が豊富ですので、腸内環境を整えるのに有効なことが分かっています。

 

最近は乳酸菌を配合した青汁もいろいろ発売されています。

 

特に、私が毎朝飲んでいる「すっきりフルーツ青汁」には「有胞子乳酸菌」という 、胃散や熱によって破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されており、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

 

つまり、生きたまま届く乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

すっきりフルーツ青汁で乳酸菌を毎日摂るなら

↓  ↓ここクリック ↓  ↓

 

 

トップページへ戻るなら⇒「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?トップページ